皆の本棚にあるタグ「柳家」の本

柳家小さん (5代目)
5代目柳家 小さん(やなぎや こさん、1915年(大正4年)1月2日 - 2002年(平成14年)5月16日)は、長野県出身の落語家。本名、小林 盛夫(こばやし もりお、桂三木助 (4代目) 4代目桂三木助の本名と同姓同名)。出囃子 (落語) 出囃子は『序の舞』。1995年に落語家として初の人間国宝に認定された。
息子は落語家の柳家小さん (6代目) 6代目柳家小さん。娘は元タレント・小林喜美子。孫は元バレエダンサーで俳優の小林十市と、その弟で落語家の柳家花緑。(二人の母が小林喜美子)
小さんは生涯を通じて剣道を趣味、特技としていた。13歳のころから剣道を親しみ剣士を目指すも中耳炎で断念している。落語家になっても剣道を続け北辰一刀流の七段範士の資格を持っており、自らも晩年まで七段をよしとせず、八段を目指していたという。更には自宅を改装して剣道場を作って、弟子たちにも剣道を教えていたほどである。生前には財団法人東京都剣道連盟の顧問を務めていた。