皆の本棚にあるタグ「杉原千畝」の本

杉原千畝
杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)とは、日本の官僚、外交官である。 第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。その避難民の多くが、ユダヤ系であった。「東洋のシンドラー」などと呼ばれることがある。 早稲田大学高等師範部英語(教育学部英語英文学科)科予科中退、日露協会学校特修科修了。 生涯 外交官になるまで 1900年(明治33年)1月1日、岐阜県に生まれる。近年まで加茂郡八百津町生まれと言われていたが、先般戸籍を確認すると、武儀郡上有知町(現在の美濃市)であることが明らかになった。 父好水(よしみ)は税務官吏で、千畝出生の当時、上有知町の税務署に勤めていた。一家は、近くの仏教寺である教泉寺の借間に住んでおり、千畝はそこで生を受けた。