皆の本棚にあるタグ「本当」の本

本当は怖い家庭の医学
『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』より : 『最終警告! たけしの本当は怖い家庭の医学』(さいしゅうけいこく!たけしのほんとうはこわいかていのいがく、英称:Medical Horror Check Show)とは2004年4月13日から2009年12月15日まで、朝日放送(ABC)を制作局として、テレビ朝日系列で毎週火曜日20:00 - 20:54(JST)に放送されていたメディカル・ホラー・シミュレーションバラエティ番組(字幕放送、ハイビジョン制作)である。ビートたけしの冠番組。新聞のテレビ欄では「たけしの家庭の医学」と表記されている。通称は「家庭の医学」。 番組概要 2002年12月30日と2003年12月29日にそれぞれ特番として放送されたものが好評だったため、2004年4月13日よりレギュラー番組としてスタート。この枠でのたけしの冠番組の放送は『たけしの万物創世紀』以来3年ぶりとなった。 2009年12月15日に放送された「家でデキる人間ドック名医が無料診断2009」をもって5年9か月の歴史に幕を下ろした。