皆の本棚にあるタグ「曽国藩」の本

曽国藩
曽 国藩(そう こくはん、拼音: Zēng Guófān、嘉慶16年10月11日(1811年11月26日) - 同治11年2月4日(1872年3月12日))は、中国清代末期の軍人、政治家。字は伯函、号は滌生(てきせい)、諡は文正。湖南省湘郷県の出身。弱体化した清朝軍に代わり、湘軍を組織して太平天国の乱鎮圧に功績を挙げた。 嘉慶16年(1811年)、湖南省湘郷県(現在は双峰県)にて曽麟書の長男として誕生。道光18年(1838年)に進士となるが、咸豊2年(1852年)に礼部右侍郎在職中に母の死去により、喪に服すため帰郷。前年の咸豊元年(1851年)に太平天国の乱が勃発し清の正規軍である八旗が鎮圧にあたったが連戦連敗であった。長年うちに八旗は貴族化し弱体化していた。このため清国政府は各地の郷紳たちに郷勇と呼ばれる臨時の軍隊の徴募を命じた。命を受けた曽国藩は複数の団練(地方有力者が自主的に組織した自衛のための民兵組織)をまとめ郷勇を組織させた。これが後の湘軍であり、強さを発揮して最終的に太平天国軍を破った。 咸豊4年(1854年)、湘軍は武昌を収復したが、軍機大臣祁雋藻が湘軍を危険視する奏上をしたため、兵部侍郎の待遇を得ただけだった。