皆の本棚にあるタグ「星座」の本

星座
星座(せいざ、羅: constellatio)は、複数の恒星が天球上に占める見かけの配置を、その特徴から連想したさまざまな事物の名前で呼んだものである。古来さまざまな地域・文化や時代に応じていろいろなグループ化の方法や星座名が用いられた。 古代エジプト・メソポタミア・ギリシャ 古代エジプトの遺跡で、既に星の並びを人などに見立てた図が発見されている。この星座は総称してデカンと呼ばれ、一年を360日として十日ごとの区画に割る指標として用いられていたが、一部を除いて同定されていないものが多く、現在も研究が続けられている。記録に残る限り、これが最古の星座だが、現在の88星座に直接結びつくものはない。星同士を結んで星座を作る風習がのちにメソポタミア文明に伝わり、ここで現在の星座の原型ができたと考えられる。ただし、エジプトとは独立して、別個に星座を作ったという可能性もある。 最初に決められた星座は、黄道十二星座である。物的な証拠は残っていないが、メソポタミア文明以前から住み着いていた羊飼いによって設定されたという説がある。