皆の本棚にあるタグ「日本神話」の本

日本神話
日本神話(にほんしんわ)とは日本に伝わる神話のことである。 日本神話と呼ばれる伝承はほとんどが、『古事記』、『日本書紀』および各『風土記』の記述による。そのため高天原の神々が中心となっているが、出典となる文献は限られる。 本来、日本各地には出雲を始めとして何らかの信仰や伝承があったと思われ、ヤマト王権の支配が広がるにつれていずれもが国津神(くにつかみ)または「奉ろわぬ神」と形を変えられて「高天原神話」に統合されたとされる。また、後世まで中央権力に支配されなかったアイヌや琉球には独自色の強い神話が存在する。 本記事においては『古事記』『日本書紀』などで語られている「高天原神話」(記紀神話)を解説する。 神仏習合と中世神話 日本に仏教が定着すると、日本の神々も人間と同じく苦しみから逃れる事を願い、仏の救済を求め解脱を欲すると認識されるようになった。奈良時代初頭から神社において神宮寺が建立され始め、715年(霊亀元年)には越前国気比大神が、また満願禅師らによる鹿島神宮が、ほか賀茂神社、伊勢神宮などで神宮寺が併設された。