皆の本棚にあるタグ「日中関係」の本

日中関係史
日中関係史(にっちゅうかんけいし)においては、日本と中国大陸にあった中国の歴史 歴代の王朝と現在、中国大陸に存在する「中華人民共和国」との関係の歴史を解説する。なお、本項では、台湾にある現在の日台関係史 中華民国との関係についても言及するものとする。
日本列島は更新世末期から完新世初期にかけての氷河期の終了に伴う海水の浸入によってユーラシア大陸から切り離されるまでは同大陸とは地続きであったと考えられている。日本人の祖先にあたる人々の中には、アフリカから現在の中国大陸を経由して渡ってきた人々も含まれているものと見られている。
中国の文献に初めて倭国の記述が見られるようになるのは『漢書』における「地理志」の中である「夫れ楽浪海中に倭人有り、分かれて百余国と為る。歳時を以って献見すと云ふ。」。紀元前1世紀ごろの倭は100国あまりの小国分立の状態であり、朝鮮半島にあった楽浪郡に使者を定期的に派遣して貢物を献上していた。