皆の本棚にあるタグ「戦闘機」の本

戦闘機
戦闘機(せんとうき)とは、敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とし、空対空ミサイルと航空機関砲を基本兵器とした軍用機である。対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。これに対し地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である。 フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、高い運動性を持つため、特殊飛行の公演にも利用される。 世界で最も生産された戦闘機はドイツのメッサーシュミットBf109の約35,000機。ジェット機最多はソビエト連邦のMiG-15の約15,000機(超音速機ではMiG-21の約10,000機)。日本最多生産機は零式艦上戦闘機の約10,000機。 英語では「Fighter」だが、1948年以前のアメリカ陸軍航空軍では正式(制式)には「Pursuit(追撃機)」と呼ばれていた。