皆の本棚にあるタグ「戦前」の本

戦前
戦前(せんぜん、羅: antebellum、英: prewar、独: Vorkriegszeit)とは、ある戦争が始まる前の時代。対義語は戦後。 戦争勃発前の短期的または長期的な期間を指す語や概念。戦争を境にして政治体制(場合によっては国家まで)が新しく作り直され、価値観まで変化する。 「戦前」という語は「戦争が始まる前」という意味を持つが、しばしば「戦争に至った体制」という意味合いを伴うこともある。これは、戦争を境にして国家が根本から変わる事態が多いためである。 「戦前」が指す戦争 日本史における「戦前」 日本では単に「戦前」と言う場合、通常は真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)勃発前の時代を指す。しかしながら、張作霖爆殺事件や柳条湖事件に始まる日中戦争(支那事変)の始まりを「戦前」の終わりとする例もある。 また、太平洋戦争中を含めた第二次世界大戦終結までの期間を「戦前」と表現する人も存在する。これは、第二次世界大戦前の時代は天皇を主権者とする大日本帝国憲法下であり、この体制が第二次世界大戦終結まで続いたため、大日本帝国憲法下の天皇主権時代を指して「戦前」と呼ぶものである。