皆の本棚にあるタグ「性欲」の本

性欲
性欲(せいよく、仏: luxure、英: Lust)は、人間の欲求の一つで性的な満足を求める本能である。 一般に二次性徴を迎え生殖能力を獲得したとき「性の目覚め」が起きるとされるが、それ以前から明確な性欲を抱く人もいる。性欲の高まる時期や強さは個人差や性差が大きい。多くの伝統的な宗教で、性欲は慎むべきもの、忌避すべきもの、警戒すべきもの、とされている(#宗教での伝統的な位置づけ)。 近年の医学的研究によって、性欲には男女で異なった周期性やピークの時期があることが明らかになっている。(#近年の生物学的・医学的な説明) 「性的欲求は動物の生殖本能の現れであり、性行為を行い子孫を残すためにある」などとも言われる。「故に一般に、生殖相手としてふさわしい同種の異性に対して抱くものだ」とも言う。ただし、人間の性欲は多彩な欲求との相互作用により変化し、学習によって様々なフェチズムが生まれる。そのため一口に性欲といっても個人によって様々な形がある。人間だけが変態になるなどとも言われる。もっとも、「多くの動物で同性愛など生殖に結びつかない性行動もある」という。