皆の本棚にあるタグ「年金」の本

年金
年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組み(年金制度)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金制度は、高齢期の生活の基本的部分を支える年金を保証する仕組みである。 受給者が掛け金や保険料を負担しない、拠出を条件としない年金を無拠出制年金という。これに対して、保険の仕組みを取る年金制度を年金保険と呼び、被保険者が掛け金や保険料を負担(拠出)し、年金財政はこの収入によって確立されることになる。このような受給者にとって有償な年金を拠出制年金という。この場合には、掛け金や保険料、加入期間(保険料納付期間)、受給者の所得・資産などに応じて、支給される年金額も異なることが多い。 強制加入の年金保険は世界で初めてドイツ帝国初代首相オットー・フォン・ビスマルクが始めたとされる。 今日、多くの国の公的年金は、年金保険の形を取っている。公的年金において保険制度ではなく税方式を取っている国としてはニュージーランドがある。