皆の本棚にあるタグ「対テロ戦争」の本

対テロ戦争
対テロ戦争(たいテロせんそう、英語:War on Terrorism または War on Terror、略称はWoT)は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。 背景 44年間もの長期に亘るアメリカ合衆国とソビエト連邦の冷戦が終結すると、それまで世界各地で抑制されていた紛争が活性化した。特に、アフリカ、中東、東ヨーロッパ、中央アジア、東南アジア、中南米における途上国での旧社会主義国家では内戦が発生するようになり、地域の不安定化が進む。 またアメリカは世界秩序の覇権を獲得し、グローバリゼーションを推し進めていた。これは貧困や紛争で苦しむ地域において、独自の伝統的な生活態度や価値観を再評価する動きが広がり、特にパレスチナ問題がある中東地域においては反米の政治意識が台頭するようになる。

123

123