皆の本棚にあるタグ「家紋」の本

家紋
家紋(かもん)とは、日本固有の紋章である。 家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていい。 古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた。 日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。 単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれる。 現在採取されているだけで2万近くの家紋が確認されている。 武具(刀や甲冑など)に好んで使用された。 家紋は人々の暮らしに息づいていた。 家紋のおこり 「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」と呼ばれる源氏、平氏、藤原氏、橘氏といった強力な氏族が最も名を馳せていた時代、地方に移り住んだ氏族の一部が他の同じ氏族の人間と区別を図るため土地の名前などを自分の家名(屋号)とし、それが後の名字となった。 家紋は家の独自性を示す固有の目印的な紋章として生まれ、名字を表す紋章としての要素が強い。 家紋の発展 その後、武家や公家が家紋を使用するようになった。 血統や元々の帰属勢力としていくつかのグループに大きく分けることができる。