皆の本棚にあるタグ「官能」の本

官能小説
官能小説(かんのうしょうせつ)とは、官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。 広義にはジュブナイルポルノやボーイズラブ小説・ティーンズラブ小説なども含まれるが、この項ではこれらを除いた成人男性向けに書かれた官能小説(狭義の官能小説)について主に述べる。 専門のレーベルから出版されることが多いが、これは出版社が世間体を気にしているためである。わざわざ別会社を設立して販売している例もある。 大半が書き下ろしとして文庫や新書の形で出版されるが、人気作家になるとスポーツ新聞や男性向け週刊誌や小説誌などに連載する場合も多い。もちろん一般の小説と同様に、ウェブサイトに掲載したり携帯電話で配信したりすることもある。 店頭では人目を気にして内容を吟味しにくいためか、タイトルは「美少女」「女教師」「熟女」「未亡人」「お姉さま」など「**もの」をストレートに表現していることが多い。

  • 廓祝言

    時代小説  官能 

    時代官能小説。 どの作品も「まぐわひ」の描写あり。 昔、と言うこともありその…

    miyanさんの本棚 [総ページ数:261] 2012/03/27 22:48:01 更新