皆の本棚にあるタグ「嫁」の本


嫁(よめ)は、元来は息子の妻や新婚の女性を指す語。対義語は婿。家制度が前提の時代には、外部から「家」に入ってくる女性という意味合いが強かった。 派生的な意味として、妻と同義にも用いられる。また、結婚相手たる女性を指す用法もある。 脚注 関連項目 配偶者#女性配偶者の呼び方en:daughter-in-law。