皆の本棚にあるタグ「女装」の本

女装
女装(じょそう)とは、それぞれの文化によって「女性用」と規定されている衣服・装飾品を男性が身につけ、これによって外見の衣装上は女性の姿になることを云う。男性の異性装である。 女装は異性装の一種であり、男性が女性に固有とされる衣類やアクセサリを纏うことである。それ以外に、仕草や行動様式、言葉遣いなどの点でも異性に固有とされる様式に準拠するものも異性装の一部と見なせる。 女装は、男性と女性の間で生物的・文化的な意味で明瞭が差異が存在することが前提となる。衣装・アクセサリなどは生物的な性に根ざして、そこから派生したものであり、異性特有とされてきたそれらを纏うことで、異性装の欲求を満足させる。 生物的な基本原型としては、人間は、男性と女性の2つの性が基本となっている。また社会的・文化的な性においても、男性性と女性性の2つが基本である。しかし実際に歴史的、社会的に男装と女装は、社会や個々人の評価や価値観においても対等ではない。多くの文化・社会にあって、女性の男装は、男性の女装に較べ、偏見が少ないとされ、また男装への女性の関わりと、女装への男性の関わりを見ると、後者の方が文化的に複雑であり、女装者自身の心理においても複雑な様相を持つ。