皆の本棚にあるタグ「大津波」の本

大津波警報
『』より : 大津波警報(おおつなみけいほう)とは、日本において大きな津波が予想される場合に気象庁から発表される津波に関する警報の一種。従来の正式な区分であった「津波警報(大津波)」に代えて2013年3月7日から正式に採用された区分である。 大津波警報は高いところで3mを超える津波が予測される場合に発表され、予想される津波の高さを数値で発表する場合には5m、10m、10m超とし、M8以上の巨大地震の場合には誤差が大きくなることから正確な地震規模がわかるまで数値ではなく「巨大」と表現する(東北地方太平洋沖地震後の津波警報改善については津波警報も参照)。 2013年3月7日改正前の区分では「津波警報(大津波)」として津波警報の一区分として位置づけられ、高いところで3m程度以上の津波が予測される場合に発表され、予想される津波の高さについては3m、4m、6m、8m、10m以上に分けられていた。