皆の本棚にあるタグ「圓生」の本

圓生
『三遊亭圓生』より : 三遊亭 圓生(さんゆうてい えんしょう)は、落語家の大名跡(みょうせき)の一つ。 三遊派の流祖、本家。江戸・東京において古今の多くの落語家が名乗る「三遊亭」の亭号の源流。6代目の死後、現在に至るまで空位。新字体の表記しか許されないときは三遊亭円生とも表記される。 初代三遊亭圓生 - 「堂前の師匠」。通称、橘屋松五郎。 2代目三遊亭圓生 - 「よつもくの圓生」。前名は初代立花家圓蔵(橘家圓蔵)。本名は尾形清治郎(または清次郎) 落語中興の祖といわれる三遊亭圓朝の師。 3代目三遊亭圓生 - 「のしんの圓生」。元は初代三遊亭圓楽。本名は嶋岡(野本?)新兵衛。 4代目三遊亭圓生 - 元は3代目三遊亭圓喬。本名は立岩勝次郎。 5代目三遊亭圓生 - 「デブの圓生」。元は5代目橘家圓蔵。本名は村田源治。 6代目三遊亭圓生 - 「柏木の圓生」。元は6代目橘家圓蔵。本名は山崎松尾。なお、2代目圓生の名は、上記の初代立花家圓蔵と初代三遊亭圓太の間で争われた。結局圓蔵が勝ち、上記のような継承となったが、負けた圓太は悔しさのあまり、「新しい圓生」として「志ん生」と名乗った。