皆の本棚にあるタグ「国家資本主義」の本

国家資本主義
国家資本主義(こっかしほんしゅぎ、英:state capitalism)とは、学者や立場によって異なった色々な意味で使用されているが、通常は国家が資本主義に介入し管理するもの(修正資本主義)、国家が資本主義を推進するもの(開発独裁など)などを指す。1896年にヴィルヘルム・リープクネヒトが最初に述べ、特にウラジミール・レーニンがNEPの正当化などに積極的に用いたことで知られる。 起源と初期の概念 この用語は19世紀末の社会主義運動の時代に使われた。ヴィルヘルム・リープクネヒトは1896年に「我々ドイツ社会主義者よりも国家社会主義と戦っている者はいない。わたし以上に明確に叫ぶ者はいない、国家社会主義は明らかに国家資本主義であると!」とさけんだ。 国家資本主義の概念はミハイル・バクーニンの主張にもさかのぼる。それはマルクス主義的社会主義が各国で高まっていた第一インターナショナルの時代であり、Jan Waclav MachajskiはThe Intellectual Worker (1905)の中で、社会主義は労働者階級の直接運動であり、知識階級の支配をもたらす国家資本主義に終止符を打つと主張した。