皆の本棚にあるタグ「国家社会主義」の本

国家社会主義
国家社会主義(こっかしゃかいしゅぎ)とは、国家と社会主義を関連づけた思想や体制。日本では翻訳の関係もあり、以下の複数の内容の異なる思想を指す用語として使われている。 国家社会主義(英語: state socialism) - 国家が社会主義または社会主義的諸政策を推進する思想。ドイツのフェルディナント・ラッサールの主張した社会主義や、オットー・フォン・ビスマルクの行った社会保障政策、ソ連型社会主義などの社会主義国家が、「国家社会主義」と呼ばれる場合がある。 国家社会主義(英語: national socialism) - ナショナリズムと社会主義を結合した思想。国民社会主義、民族社会主義とも訳される。省略形の「ナチズム」(英語: Nazism)から辞書等では「ナチスの思想」と説明される例が多いが、最初の使用は1890年代のフランスのモーリス・バレスで、ドイツ語(ドイツ語: Nationalsozialismus)では1914年の思想を支持したルドルフ・チェーレンが最初に使用した。