皆の本棚にあるタグ「国共内戦」の本

国共内戦
国共内戦(こっきょうないせん、中: 国共内战/國共內戰、英: Nationalist-Communist Civil War)は、当時複数存在した中華民国政府を自称する組織のうち、国民革命軍と共産党率いる中国工農紅軍との間で行われた内戦である。 経緯 五・四運動の影響 1915年、第一次世界大戦中の大日本帝国が対華21ヶ条要求を北京政府に要求。1917年にはロシア革命が起きる。第一次世界大戦後の1919年1月のパリ講和会議によってドイツから山東省権益が日本に譲渡されたのを受けて、中国全土で「反日愛国運動」の五・四運動が盛り上がった。この運動以降、中国の青年達に共産主義思想への共感が拡大していく。陳独秀や毛沢東もこのときにマルクス主義に急接近する。この反日愛国運動は、孫文にも影響を与え、「連ソ容共・労農扶助」と方針を転換した。旧来のエリートによる野合政党から近代的な革命政党へと脱皮することを決断し、ボリシェヴィキをモデルとした。実際に、のちにロシアからコミンテルン代表のボロディンを国民党最高顧問に迎え、赤軍にあたる国民革命軍と軍官学校を設立した。