皆の本棚にあるタグ「四書五経」の本

四書五経
四書五経(ししょごきょう)とは、儒教の経書の中で特に重要とされる四書と五経の総称。ただしこのうち『大学』『中庸』はもともと『礼記』の一章を独立させたものである。 要綱 君子が国家や政治に対する志を述べる大説として日常の出来事に関する意見・主張や噂話など虚構・空想の話を書く小説と区別される。 四書は「論語」「大学」「中庸」「孟子」、五経は「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」をいい、五経を以て四書よりも高しとする(「礼記」の成立受容史については「三礼」の項を参照)。 「楽経」を含めて四書六経ともいう。 中国国内だけでなく、日本や韓国でも広く講義され、とくに封建社会の中で広まりを見せた。 戦国時代の六経 『荘子』や『語叢』においては、下記の六種類の経書が列挙されている。 詩 書 礼 楽 易 春秋当時の儒家らはこれらの経典を重視したが、『楽』は早くに失われたとされる。 前漢の五経 易(施氏・孟氏・梁丘氏・京氏) 書(大、小夏侯氏、欧陽氏) 詩(斉詩・韓詩・魯詩) 士礼(后氏・戴氏) 春秋(公羊氏・穀梁氏) 唐代の五経 唐の太宗は、以下の経典を「五経」とし、『五経正義』という解釈を孔穎達らに定めさせた。