皆の本棚にあるタグ「名探偵」の本

名探偵
名探偵(めいたんてい)は、ミステリーなどに登場する、手に入れた情報や証拠をもとに推理を行い真実を探り出し、事件を解決へと導く存在のことである。名「探偵」とはなっているが、探偵を職業としない者も多い(作品外では探偵役とも呼ばれる)。 名探偵の歴史はエドガー・アラン・ポーが生み出したC・オーギュスト・デュパンより始まるとされている。デュパンが初登場した短編小説『モルグ街の殺人』は世界初の推理小説とも言われている。 そしてその40数年後にはアーサー・コナン・ドイルがシャーロック・ホームズを生み出す。ホームズの存在は名探偵という存在を一般化し、その後ミステリ界には数多くの名探偵が生まれることとなる。 ランキング 2012年に朝日新聞は「心に残る名探偵」のアンケートを行い、「be」に掲載している。 日本三大探偵 明智小五郎、金田一耕助、神津恭介 脚注 注釈 出典 関連項目 探偵 怪盗 ミステリ ジョン・H・ワトスン - 名探偵のパートナーの代名詞となっている。