皆の本棚にあるタグ「反ユダヤ主義」の本

反ユダヤ主義
反ユダヤ主義(はんユダヤしゅぎ)とは、ユダヤ人およびユダヤ教に対する敵意、憎悪、迫害、偏見を意味する。 旧約聖書のエステル記に離散したユダヤ人(ディアスポラ)に対する反ユダヤ的態度がすでに記述されており、 19世紀以降に人種説に基づく立場は反セム主義(はんセムしゅぎ、英語: Antisemitism)またはアンティセミティズムとも呼ばれる。 反ユダヤ主義の歴史 392年 - ローマ帝国、キリスト教以外の宗教を禁止。 8世紀 - トルコ系ハザール王国国王と高官がユダヤ教に改宗。 839年 - フランク王国のルートヴィヒ(皇帝ルートヴィヒ1世、ルイ1世)敬虔王(788年 - 840年)の宮廷助祭ボード (Bodo) がユダヤ教に改宗。 960年 - コルドバのラビ・ハスダイ・イブン・シャープルート、ハザール王国に書簡を送る:ユダヤ教復興に期待。 1096年 - 十字軍の始まり。ユダヤ教徒も弾圧、迫害を受ける。 1348年 - ジュネーヴにて、翌年にはベルンにて黒死病(ペスト)のスケープゴートとしてユダヤ人迫害が発生。