皆の本棚にあるタグ「医療事故」の本

医療事故
医療事故(いりょうじこ、英: medical error)は、一般に医療に関する事故をいう。 定義 医療法に基づく定義 医療法により新たに定義された「医療事故」は,「提供した医療に起因し,又は起因すると疑われる死亡又は死産であって,当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかったものとして厚生労働省令で定めるもの」とである。通常の用語と概念をことにしている。 厚生労働省による定義 厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている*。 — 「リスクマネージメントマニュアル作成指針」 医療事故の例 例1:患者が廊下を歩行中に転倒し怪我をした。 市中においては当人の自己責任とされる事でも病院内においては医療者が患者の安全を確保しなければならない。それと引き換えに、患者は医療者の指示を厳守する義務を負う。 例2:看護師が自分の手に注射針を刺し、事故を生じた。 B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。