皆の本棚にあるタグ「動物園」の本

動物園
動物園(どうぶつえん)とは、生きた動物を飼育・研究し、一般に公開する施設であり、法令上は博物館(場合によっては動物愛護管理法上、「第一種動物取扱業」)の一種とされる。一般に陸上の動物を中心として扱うものを指す。水中の動物を中心として扱うものは特に水族館とされ、動物園の特殊な形態としてサファリパークや移動動物園、鳥類園、クマ牧場などがある。 沿革 初期の動物園は主に王侯が所有し政治的に修好関係を結ぶ、あるいは影響下に置いたり植民地として支配した国・地域から珍しい動物を集めてきた私的な施設であり、メソポタミアや地中海世界・中国・インド・アステカなど世界各地で多元発生的に作られた。 一般公開された動物園として最も早いのは、フランス革命の後に公開されたパリ動物園(メナジェリー)である。しかし、メナジェリーの施設や展示方式はオーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿脇に建てられたシェーンブルン動物園を真似たものであり、そちらも期間限定的ながらパリよりも先に一般開放された事実があることから、シェーンブルンを世界最古の動物園とする意見もある。