皆の本棚にあるタグ「力」の本


力(ちから)とは、 人や動物に備わっている、自ら動き、または他の物を動かす働き。 ものごとをなすときに助けとなるもの。 ききめ。 自然科学において、物体の状態を変化させる原因となる作用。力学においては特に、物体の運動を変化させる状態量。この項では 4 の自然科学における力、すなわち専門用語としての「力」や英単語 "force" に対応する内容について説明する。 まず古代の自然哲学における力の扱いから始め近世に確立された「ニュートン力学」や、古典物理学における力学、すなわち古典力学の発展といった歴史について述べる。 次に歴史から離れ、現在の一般的視点から古典力学における力について説明し、その後に古典力学と対置される量子力学について少し触れる。 最後に、力の概念について時折なされてきた、「形而上的である」といったような批判などについて、その重要さもあり、項を改めて扱う。 自然哲学 力という概念は、何かに内在すると想定されている場合と、外から影響を及ぼすと想定されている場合がある。