皆の本棚にあるタグ「列強」の本

列強
列強(れっきょう、英語: great power, major power)とは、単に大国や強国とも呼ばれ、世界規模の影響力を持つ国家である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的な力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。列強の位置づけは、時としてウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識される。 「列強(great power)」の用語は、ナポレオン・ボナパルト後のヨーロッパで最も重要な諸国を表すために最初に使用された。以後、国際的な勢力均衡は何回も入れ替わり、とりわけ第一次世界大戦と第二次世界大戦により大幅に入れ変わった。いくつかの諸国が広く列強と考えられているが、その明確な定義は無く、議論が続いている。なお日本語では「列強」は通常、複数の大国または強国を指して使われている。 19世紀初頭のナポレオン戦争後のウィーン体制による五国同盟(ヨーロッパの大国であるイギリス・フランス・オーストリア帝国・プロイセン王国・ロシア帝国)によって、列強が強く意識されるようになった。