皆の本棚にあるタグ「切支丹」の本

切支丹
『キリシタン』より : キリシタン(吉利支丹、ポルトガル語: Cristão)とは、日本の戦国時代から江戸時代、更には明治の初めごろまで使われていた日本語(古語口語)である。 元々は、ポルトガル語で「キリスト教徒」という意味であり、英語では「クリスチャン」(Christian)となる。元来はキリスト教徒全般を指すが、実際に使われるこの語は、戦国期以後日本に伝来したキリスト教(カトリック)の信者・伝道者またその働きについてである。たとえば、貿易に関わったオランダ人は、キリスト教徒(プロテスタント)であるが、キリシタンとは捉えられていない。 日本の漢字では、“吉利支丹”などと書く。江戸時代以降は禁教令や踏み絵による弾圧に伴い、侮蔑を込めて“切死丹”、“鬼理死丹”という当て字も使われるようになった。5代将軍徳川綱吉の名に含まれる“吉”の字をはばかって、綱吉治世以降は“吉利支丹”という字は公には使われなくなり、“切支丹”という表記が一般となった。 現在の日本では、「キリシタン」という言葉は「キリシタン大名」や「隠れキリシタン」など、日本の歴史用語として使用する場合であり、現代日本のキリスト教徒の事を指す場合は、英語読みの「クリスチャン」を用いる。