皆の本棚にあるタグ「人間」の本

人間
人間(にんげん、英:human being, あるいは大文字で始まるMan)とは、 人のすむところ。世の中。世間。人が生きている人と人の関係の世界。またその中で脆くはかないさまを概念的に表すことば。 (社会的なありかた、人格を中心にとらえた)人。また、その全体。 ひとがら。「人物」。 関係性を重視して「人‐間(あいだ)」という名称があてられたとされている。 旧約聖書の『創世記』において、人間はすべて神にかたどってつくられた(「神の似姿」)、とされ、身分や性別に関係なく、人間であれば誰であっても神性を宿している、とされた。 アリストテレスは著書『政治学』において、人間とは、自分自身の自然本性の誠意をめざして努力しつつ、ポリス的共同体(つまり《善く生きること》を目指す人々の共同体)をつくることで完成に至る、という(他の動物とは異なった)独特の自然本性を有する動物である、と説明した。