皆の本棚にあるタグ「二軸」の本

二軸車
『鉄道車両の台車』より : 二軸車(にじくしゃ)とは、一つの車体の走り装置が二本の車軸のみの車両のこと。ボギー車との区別で使われる。 電車の場合は、四輪単車、あるいは単に単車と呼ばれることが多く、その場合の台車は、単台車と呼ばれる。 分類 馬車や自動車のリーフリジッドサスペンションと同様に、板ばねを懸架装置の一部に兼用したものや、台車を台枠(だいわく)に固定したもののように、車軸が偏向できない構造のものと、一軸台車を持ち、偏向できるものがある。 板ばね懸架 荷重変化によるばね両端の変位を許す構造の違いにより分類される。前後左右の車軸の位置決めは軸箱守(じくばこもり = ペデスタル)で行なわれる。 = シュー式 = 板ばねの両端に摺動用のシュー(Shoe = 靴)があり、台枠にはその部分で接しているだけで、固定はされていない。 = リンク式 = 二段リンク式に対して一段リンク式と呼ばれることもある。板ばね両端はアイ(目玉)形状となり、引っ張り方向に働くリンク(シャックル)で吊られている。