皆の本棚にあるタグ「中公新書」の本

中公新書
中公新書(ちゅうこうしんしょ)は、中央公論新社(読売新聞グループ)が発行している新書レーベルの1つ。現行の新書レーベルでは岩波新書に次ぐ歴史がある。サブレーベルとして中公PC新書、中公新書ラクレがある。 沿革 1962年(昭和37年)11月に創刊。「中公新書刊行のことば」で「現代を真摯に生きようとする読者に、真に知るに価する知識だけを選び出して提供すること」という目標を設定し、新書が「現代を自らの目で見つめようとする、逞しい知的な読者の活力となる」ことを望んでいる。 創立企画した編集者の1人に、後に紀行作家となった宮脇俊三がおり、宮崎市定『科挙』をはじめ多数を編集担当した。1991年(平成3年)1月に通巻1,000点が、2009年(平成21年)5月に通巻2,000点を突破した。 装幀およびマーク 装幀は、建築家の白井晟一が担当。本体・カバーは共に、創刊当時から深緑色と白色が基調となっている。1989年(平成元年)10月にビニールカバーから表紙カバーに変更された。背表紙などに用いられている、緑地に白抜きで「RC」と書かれた中公新書のマークは、「中央公論」の英語名CentralReviewの頭文字からとられている。