皆の本棚にあるタグ「中世」の本

中世
中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。例えば、例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)と呼び、「medieval Japan」(中世日本)とは呼ばない。 ヨーロッパ イタリア・ルネサンスの時代には、栄光の古代ギリシャ・ローマが衰退したのちに、ゲルマン民族が支配する「暗黒時代」となり、ルネサンス(復興)の時代を経て「現在」(啓蒙主義の時代)に至ると考えられた。