皆の本棚にあるタグ「不機嫌」の本

不機嫌なジーン
『不機嫌なジーン』(ふきげんなジーン)は、2005年1月17日より3月28日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は竹内結子。 ドラマの中の重要なテーマにあるのが、「男が浮気するのは遺伝子のせいである」という仮説である。 あらすじ 鵯越(ひよどりごえ)大学の修士課程で動物行動学を専攻している蒼井仁子(あおい よしこ)(竹内結子)は、生物をこよなく愛し、研究しつづけている大学院生。平凡な毎日を過ごしていると、仁子のいる理学部研究室に昔付き合っていた有名な学者、南原(内野聖陽)がやってきた。南原には全く未練がない仁子に対し、南原のほうは仁子に復縁を迫る。過去の事で男性不信になった仁子だったが、小学校の教師をしている白石健一(黄川田将也)との出会いや、南原の猛烈なアピールに心を動かされる。 タイトルのジーンとは竹内演じる主人公の仁子(南原などが呼んでいる「じんこ」という呼び方)に加え、gene(ジーン=遺伝子)の意味である。