皆の本棚にあるタグ「不条理」の本

不条理演劇
不条理演劇(ふじょうりえんげき)とは、人間、特に現代人の不条理性や不毛性を描こうとする戯曲や演劇の手法もしくはその手法に基づく演劇活動そのものを指す。不条理劇とも言われる。評論家マーティン・エスリンの著書“The Theatre of the Absurd” (1962年 邦訳名『不条理の演劇』小田島雄志訳 1968年 晶文社)で命名され、定着した。 不条理演劇の代表的な作り手には、ベケットやイヨネスコ、ハロルド・ピンターやエドワード・オールビー、ジャン・ジュネ、日本では別役実などの劇作家がいる。 不条理演劇が生まれた背景には、ニーチェ、サルトル、カフカやアルベール・カミュなどによる実存主義思想と、第二次世界大戦でヨーロッパが受けた衝撃と荒廃がある。 カミュは、人間は不条理な存在であるとした(『シジフォスの神話』1942年)。先述の評論家マーティン・エスリンは、不条理な人間存在を描く劇作家達の作品や活動を、カミュの論を元に不条理演劇と名付けた。しかしエスリンは、カミュやサルトルの戯曲が内容は人間存在の不条理を描きながら形式ではリアリズムの演劇などと同様の伝統的台詞劇であったのに対して、イヨネスコやベケットらの作品は形式も台詞劇を破壊しており内容と形式が一致していると指摘し、カミュ、サルトルらに対して新しさがあるとした。