皆の本棚にあるタグ「レーガノミックス」の本

レーガノミックス
レーガノミクス、またはレーガノミックス(英: Reaganomics)は、1980年代にアメリカ合衆国大統領のロナルド・レーガンがとった、一連の自由主義経済政策である。 前民主党政権の政策が企業の活動を阻害し労働者の勤労意欲を奪ったとの主張から、市場原理と民間活力を重視し、社会保障費と軍事費の拡大で政府支出を拡大させ、同時に減税を行って刺激政策を採用し、経済規模時は拡大したが、貿易赤字と財政赤字の増大という「双子の赤字」を抱えることになった。 レーガン大統領の一期目は前政権から受け継いだスタグフレーション状態の経済の回復が課題であった。これに対しレーガン政権は、特にインフレーションと失業に注目して政策を打ち出した。その主軸は社会保障費と軍事費の拡大を通じて政府支出を拡大することと、減税、規制緩和、インフレ収束であった。 レーガンが打ち出した経済政策は減税による供給面からの経済刺激を主張するサプライサイド経済学に基づいており、またスタグフレーションの物価上昇という弊害を抑えるために「通貨高政策」を前提条件にしていた。