皆の本棚にあるタグ「リファレンス」の本

リファレンス実装
リファレンス実装(-じっそう、reference implementation)は、なんらかの機能を実現するハードウェアまたはソフトウェアであり、他者がそれを参考にして独自に実装することを助ける目的で作られたものを言う。参考実装とも呼ばれる。 ハードウェアやソフトウェアの仕様は何らかの動く実例があった方が理解しやすい。リファレンス実装の一般的な目的は、開発者に対してその仕様を少しでも知ってもらうことである。純粋に学究的目的で提供されることもあるが、より実用的なリファレンス実装の場合は市場での知名度を上げることを目的としており、場合によってはそのリファレンス実装を買ってもらうか、リファレンス実装を提供したハードウェアもしくはソフトウェアを商用に実装してもらうことが狙いである。 リファレンス実装は一般にある仕様を実装することによって定義を決定するのに使用される。認証試験を開発する際に以下の点で信用できる実装が各インターフェイスに必須である。(1)仕様の間違いや不正確さを発見するため。(2)試験プログラムにバグがないことを確認するため。

12

12