皆の本棚にあるタグ「ラテン文学」の本

ラテン文学
ラテン文学は、ラテン語による文学のことである。 ラテン語による文学は、ギリシア文学の影響を強く受けながら独自の発展を遂げた。共和政末期にキケロらにより洗練され、アウグストゥス帝のもとで黄金期を迎えた。これに比して、アウグストゥス以降のユリウス・クラウディウス朝から五賢帝時代までの期間は白銀期と呼ばれ、ラテン文学の中興期とされる。西ローマ帝国滅亡後はキリスト教の影響のもと、中世ヨーロッパ唯一の書き言葉として神学や哲学などの様々な作品が書かれた。それらはキリスト教ラテン文学として、それ以前の古典ラテン文学と区別されることがある。ルネサンス期以降、英語、フランス語などの俗語文学に徐々に取って代わられた。 共和政期 リウィウス・アンドロニクス(紀元前284年 - 204年) - 叙事詩の翻訳、悲劇。 プラウトゥス(紀元前254年頃 - 169年) - 喜劇『アンピトルオー』『黄金の壺』『カシナ』 エンニウス(紀元前239年 - 149年) - 叙事詩、悲喜劇など 代表作『年代記』『メーデーア』 大カト(紀元前234年 - 149年) - 『農業論』 テレンティウス(紀元前190年 - 159年) - 喜劇『アンドロス島の女』『兄弟』  キケロ(紀元前106年 - 43年) - カエサルの政敵。