皆の本棚にあるタグ「ユーモア」の本

ユーモア
ユーモア(英: humour、独: humor, フモーア)とは、人を和ませるような《おかしみ》のこと。かつて日本語ではこうした表現を諧謔(かいぎゃく)と呼んでいた。日本語では「有情滑稽」と訳されることがある。 冒頭では仮に辞書の簡単な説明を挙げたが、実際にはユーモアのきちんとした定義はなかなか困難で、多くの作家や哲学者が定義を試み、解説し解釈しようとしてきた歴史がある。→#定義 ユーモアは、それがイギリス人の気質との親和性が高いことから、イギリスを中心に発達したものが(世界的に見て)特に知られている。イギリスにおけるユーモアの発展の背景には、美術や文学の分野における古典主義への抵抗があったと考えられている。 ユーモアは(後述するが)、文学の中で大きなうねり、潮流となってきた歴史がある。おかしみに溢れた小説やエッセー、喜劇に分類される演劇作品などがあり、現代でも、ユーモアで読者を和ませようとすることを最大の関心事とする作品は作られ続けている。