皆の本棚にあるタグ「マタギ」の本

マタギ
マタギは、東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う者を指す。「狩猟を専業とする」ことがその定義とされるものの、現代においては単にマタギ郷として有名な土地に生まれ、鉄砲を生業とする猟師のことを指すのが一般的である。獲物は主に熊の他に、アオシシカモシカ(後述)、ニホンザル、ウサギなども獲物とした。古くは山立(やまだち)と呼ばれており、特に秋田県の阿仁マタギが有名である。その歴史は平安時代にまで遡るが、他の猟師には類を見ない独特の宗教観や生命倫理を尊んだという点において、近代的な装備の狩猟者(ハンター)とは異なることに注意する必要がある。森林の減少やカモシカの禁猟化により、本来的なマタギ猟を行う者は減少している。近世に入ってからは、狩猟を専業とするもの、つまり本当の意味でのマタギはごく一部の人間に限られている。 名前の由来 マタギは漢字で書くと『叉鬼』、または『𪻆』となる。マタギの語源は諸説あって不明である。有力な説としては、東北地方の言葉で「猟師」を意味する『ヤマダチ(山立)』が訛ってマタギとなったという説、「マタハギ(木の皮を剥いで生活する人)」から来ているという説、アイヌ語で「冬の人」・狩猟を意味するマタンギ・マタンギトノがなまったものだという説、山々を一跨ぎに越えてゆく健脚を持つからマタギである、クマさえ撃ち殺すのだから「鬼」の「また」強い、ということから叉鬼である、とする説などがある。