皆の本棚にあるタグ「ホルモン」の本

ホルモン
ホルモン(ドイツ語: Hormon、英語: Hormone)は、狭義には生体の外部や内部に起こった情報に対応し、体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質を指す。ホルモンが伝える情報は生体中の機能を発現させ、ホメオスタシスを維持するなど、生物の正常な状態を支え、都合よい状態にする重要な役割を果たす。ただし、ホルモンの作用については未だわかっていない事が多い。 定義・命名 ホルモンはギリシャ語のhormaein (「刺激する」「興奮させる」の意)を語源に、20世紀初頭にセクレチンを発見したウィリアム・ベイリスとアーネスト・スターリングによって命名された。 種類 ホルモン分子の種類は、生物が進化のどのような段階であるか、また同一の個体でも成長段階によって変わる。数多くのペプチドは無脊椎動物・脊椎動物双方に見られ、構造の相関性を持つものも多い。その他脊椎動物が持つ主なものにはポリペプチド・アミン・カテコールアミン・ステロイドなどがある。