皆の本棚にあるタグ「ペドフィリア」の本

ペドフィリア
ペドフィリア(英: paedophilia)とは、幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした特殊な性愛・性的嗜好のこと。略して俗にペドと呼ばれる。類義語には小児性愛(しょうにせいあい)・小児愛(しょうにあい)・児童性愛(じどうせいあい)がある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリア(英: ephebophilia)という。ペドフィリアの性向を持つ人を、ペドファイルもしくはペドフィル(英: paedophile)という。 医学的疾患(性嗜好障害)を指して使われるが、一般に障害とまでは言えない小児への性的嗜好全般を指す場合もある。欧米では広く児童への性的虐待者そのものを言及するのに用いられている。(児童性虐待者についてはチャイルド・マレスターを参照) 本記事では、一般的な概念としてのペドフィリア(小児性愛)を説明する。現在における精神医学上の障害としての小児性愛も、DSM 及び ICD における「記述」規準において触れている。 ペドフィリアの概念 言葉と概念の由来 古典ギリシア文明における paidophilia(パイドピリア=少年愛)が、キリスト教的近代において否定的意味を与えられ、精神医学の用語とされた。