皆の本棚にあるタグ「ベンチャー」の本

ベンチャー
ベンチャーとは、ベンチャー企業、ベンチャービジネスの略であり、新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくくなる。 「ベンチャービジネス」という言葉は、元法政大学総長で日本ベンチャー学会特別顧問の清成忠男らによって概念が創りだされた和製英語である。新聞などではVBと表記される事が多い。英語ではstartup companyまたはstartupと呼ばれ、近年では日本でもスタートアップという言葉が主にIT業界で使用されるようになっている。ベンチャーとスタートアップを区別する場合もあるが、日本ではその差は明確にされないことが多い。 日本 第一次ベンチャーブーム(1970年代) 1963年(昭和38年)に中小企業投資育成会社の設立、日本証券業協会が店頭登録制度(店頭市場:現在のJASDAQ)を創設したことなどにより、ベンチャーの創業が活発化する。