皆の本棚にあるタグ「プロレタリア」の本

プロレタリア
プロレタリアート(ドイツ語: Proletariat)とは、資本主義社会における賃金労働者階級のこと。無産階級とも。個々の賃金労働者はプロレタリアと呼ばれる。雇用する側の資本家階級を指すブルジョワジーと対になった概念で、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが『共産党宣言』で使った例によって広く普及した。 古代ローマ時代の住民統計ケンス(ラテン語: Census:センサス→国勢調査)で、自分の子供以外に富を生み出す財産を持っていなかった階層の人々を指すものとして用いられたラテン語のProles(英語:offspring)に由来する。 フランスの二月革命など欧州各地で起きた1848年革命に強く影響を与えた、ドイツの学者ロレンツ・フォン・シュタインが1842年に執筆・刊行した著書『今日のフランスにおける社会主義と共産主義』で、この語を資本主義体制下の生産手段を持たない貧困階級の意味で使ったのが有意の初出とされる。