皆の本棚にあるタグ「ブレジネフ」の本

ブレジネフ
『レオニード・ブレジネフ』より : レオニード・イリイチ・ブレジネフ(ロシア語: Леонид Ильич Брежнев、ラテン文字表記の例:Leonid Il'ich Brezhnev、1907年1月1日(ユリウス暦1906年12月19日) - 1982年11月10日)は、ソビエト連邦の政治家。同国の第5代最高指導者。1964年のニキータ・フルシチョフの失脚により、ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記(1966年、書記長に改称)に就任して最高指導者となり、閣僚会議議長(首相)のアレクセイ・コスイギン、最高会議幹部会議長(国家元首)のニコライ・ポドゴルヌイと集団指導体制を敷いた。1977年から、死去する1982年までの間は最高会議幹部会議長を兼任し、ソ連邦元帥にもなっている。 称号はブルガリア人民共和国英雄称号を3回、ドイツ民主共和国英雄の称号を3回、モンゴル人民共和国英雄を3回、同国労働英雄を3回、チェコスロバキア社会主義共和国英雄を3回授与されている。