皆の本棚にあるタグ「ピクト」の本

ピクト人
ピクト人(Picts)は、フォース川の北、ローマ帝国支配下の頃にカレドニアと呼ばれていたスコットランド地方に居住していたコーカソイド種族。 彼らは古代ローマ人が命名したピクト (Pictiはラテン語で、体を彩色していた人々か刺青をしていた人々を指していた) 部族と推測される。印をつけるか描くと言う意味のウェールズ語、Pryd が関連している可能性がある。『ガリア戦記』の中でユリウス・カエサルはケルト人が刺青をしている事に触れ、「ブリトン人は体に青で模様を描き、戦場で相手を威嚇する」と語っている。ピクト人はピクト語を喋っていたが、詳細はほとんど知られていない。 多くの歴史学者によると、7つのピクト王国が存在していたとされる。それぞれの推測された領域は次の通りである。 カイト (Cait)-現在のケイスネス (Caithness) とサザランド (Sutherland) ケ (Ce)-現在のマール (Mar) とブカン(Buchan) シルシン (Circinn)-アンガス (Angus) とキンカーディンシャー (Kincardineshire) フィブ (Fib)-ファイフ (Fife) とキンロス (Kinross) フィダッハ (Fidach)-ロス (Ross) とインヴァネス。