皆の本棚にあるタグ「ビール」の本

ビール
ビール(英: beer, 蘭: bier)は、アルコール飲料の一種。主に大麦を発芽させた麦芽(デンプンが酵素(アミラーゼ)で糖化している)を、ビール酵母でアルコール発酵させて作る製法が一般的である。 現在は炭酸の清涼感とホップの苦みを特徴とするラガー、特にピルスナーが主流となっているが、ラガーはビールの歴史の中では比較的新参であり、ラガー以外にもエールなどのさまざまな種類のビールが世界で飲まれている。 日本語の漢字では麦酒(ばくしゅ)と表記される。 各国語における名称や語源は以下の通り。 英語:ビア, beer (en:beer) と、エール, ale (en:ale) の2種類の言葉があり、エールの方が古い ale系 インド・ヨーロッパ祖語の、alu-(酔う、魔術的な、など)から来ている。([2])ゲルマン語:aluth- エストニア語:olu デンマーク語・ノルウェー語:øl スウェーデン語:öl ラトヴィア語/リトアニア語:alus beer系 ラテン語:bibere(飲む、動詞)が起源古英語ではビアとエールは違い、ビアは今のシードル(林檎酒)だったとする説もある ノルマン・コンクエストの後、一時“beer”は無くなるが、麦芽飲料をさす呼称として間もなく再現する。