皆の本棚にあるタグ「ヒンディー語」の本

ヒンディー語
ヒンディー語/ヒンディー (हिन्दी) は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている。インドで最も多くの人に話されている。 言語名 原語においては「ヒンディー (Hindi)」のみで言語を表すため、「語」を付する必要はないとも言えるが、カテゴリを明示する日本語の慣習にしたがって「ヒンディー語」と呼んでいる。なお、宗教を表す「ヒンドゥー」を用いた「ヒンドゥー語」は不適切である。 なお、「ヒンディー」はヒンドゥ (Hindu) の形容詞形である。本来「ヒンドゥ」とはインダス河(Sindhu)に由来し、ペルシア語でインドを意味する語であった。インドを統治したイスラーム系の王朝がペルシア語を公用語としたために、ペルシア語に対して「インドの言語」の意味で「ヒンディー」と呼んだ。 歴史的にヒンディー語の名称で、さまざまな言語を意味した。古くはウルドゥー語のことをヒンディー語と呼ぶことさえあった。現在「ヒンディー語」と呼ぶものは、インドの公用語である標準ヒンディー語をさすのが普通である。