皆の本棚にあるタグ「ハッカー」の本

ハッカー
ハッカー (hacker) とは主にコンピュータや電気回路一般について常人より深い技術的知識を持ち、その知識を利用して技術的な課題をクリア(なかったことに)する人々のこと。また、コンピュータの「内側」を覗く人としても使用され、この内側を覗く行為が破壊行為あるいは不正アクセスを伴う場合は、ハッカーではなくクラッカーと言い換える事が提案されている。細かく分類すると、ギーク (geek)、ウィザード (wizard)、クラッカー (cracker)との分類する例もある。 日本工業規格JIS X0001 1994においては「高度な技術をもった計算機のマニア。」「高度の技術をもった計算機のマニアであって、知識と手段を駆使して、保護された資源に権限をもたずにアクセスする人。」と2種類の定義を行っている。定義が分かれている理由は、使用されている年代によってその意味が異なるからで、古くはコンピュータが普及していなかった1960年代から使用されてきた。