皆の本棚にあるタグ「ネオコン」の本

ネオコン
『新保守主義 (アメリカ)』より : 新保守主義(しんほしゅしゅぎ、英: Neoconservatism)は、旧来の保守と新しい保守の分別のために使われてきたが、特に明確な定義は存在しない。概念は時代と共に変容し、国によっても異なっている。 1950年代には、保守反動を避けつつ斬新的政策や社会福祉の再分配政策を行っていこうとする保守党 (イギリス)の路線が新保守主義と言われ、1980年代には、アメリカやイギリスなどで、1970年代の社会民主主義や自由主義に代わり誕生したアメリカのロナルド・レーガン、イギリスのマーガレット・サッチャーが新保守主義と言われていた。 現在、英語においてはすでにレーガン・サッチャー時代の保守主義が主流になっているため、日本語における新保守主義(NeoConservatism)が保守主義、日本語における旧保守主義(PaleoConservatism)が伝統主義となる。